土地の平板載荷試験を行なおう【しっかりとした構造の建物を建てる】

重機

安心を手に入れよう

安心して建物を利用するためには地盤調査が必要です。従来のように杭や超音波を利用した調査もありますが、平板載荷試験を行うことで短期間に、そして低コストで地盤の固さが測定できます。信頼の前提となる地盤調査をしっかり行いましょう。

工事現場

建物を建てる時の調査

平板載荷試験は、地盤調査の中でも最もポピュラーな調査方法です。調査の際は大きなスペースが必要ですが、比較的短時間で測定できること、そんなに大掛かりではない手軽な方法であること、直接地盤の力を測ることができるという特徴があります。

機械

建造物を建てる前の試験

平板載荷試験は、業者によって質や値段が異なります。自社の利益のために工事をすする業者は、信頼できません。液状化などで対策ができない場合はっきり伝えてくれる業者や、判定結果が難しく追加調査を希望する業者は信頼できます。天候が悪いと正しい数値が出ないので、天気がいい日が続くときに依頼しましょう。

工事

土地の支持力を調べる

平板載荷試験とは地盤に直接荷重をかけて土地の支持力や反力を調べる試験のことです。直接荷重をかけるため信頼性が高く、一日で複数の場所を調べられる点に魅力があります。ただ深さが限定されるというデメリットがあるので他の試験も併用するのがおすすめです。

重機

試験方法と結果の見方

平板載荷試験は地盤にも路盤にも使われる地盤調査方法で、地盤には支持力特性の結果がわかり、路盤では地盤反力計数を求めることができます。平板載荷試験の結果は、主に3つの様式で示されて、logP-S曲線によって極限支持力を知ることができます。

効率良く地盤調査しよう

作業員

丈夫な基礎を作ります

建物を作る際には、その土地の地盤がどの程度まで重さに耐えられるか調べる必要があります。建物の大きさや基礎の広さ、土地の構造との関係もあり、しっかりと地盤を測定せずに建築すると、地盤沈下が原因で家が傾いたり、地震や台風などの天災に対して脆い構造になってしまいます。大震災を経験して耐震構造にも関心度合いが高まる中、平板載荷試験の内容を踏まえてしっかりとした構造の建物を建てたいものです。平板載荷試験は次のような手順で行われます。始めに、基礎を設置する深さにまで地面を掘削します。基礎を作る際には地盤面を水平に保つ必要があります。地盤が平らになっていないと平板載荷試験を行ったときに低い土地の方へ力が集中し、正確に測定できなくなります。水平に整地した後は、雨風などの天候の影響を受けないように養生シートを張り、地盤が変化しないように対策をします。次に30センチほどの小さな鋼板とジャッキ、支柱などを設置します。加重する際の重りは現場にある重機やトラックを使用します。平板載荷試験では、実際に測定する重量の120パーセントの載荷能力がある構造でなくてはなりません。事前にどのくらいの載荷能力が必要になるか算出しておきます。準備が整ったら段階に分けて測定していきます。一度に強く加重せず、8段階に分けてその変化を調べていきます。加重時間も測定記録に残します。加重しはじめてから1分後から5分おきに調べていき、最大30分間その動向を調査していきます。 効率良く地盤の調査をして建築納期の短縮にも一役買っています。

Copyright© 2018 土地の平板載荷試験を行なおう【しっかりとした構造の建物を建てる】 All Rights Reserved.