土地の平板載荷試験を行なおう【しっかりとした構造の建物を建てる】

安心を手に入れよう

重機

コストを抑えられます

大震災を経験をして、自分の住まいがどのくらい安全か、強度が足らないのならば補強工事をして安心な住まいにしたいと考える人が増えています。建物はプレハブのような簡易的なものですら地盤調査の必要があります。建物の規模によって重量も異なっていきますが、強固な地盤が確認されないと安心できる住まいとは言えません。地盤調査は地中深くまで杭を打ったり、超音波を使用して奥深くの状況を調べますが、納期も費用も掛かってしまいます。そこで利用されるようになった地盤調査に平板載荷試験があります。平板載荷試験とは、30センチほどの鋼板を地盤に直接押し当てて、その固さを確認する方法です。従来のような数多くの機材が不要で、短期間で調査できるメリットがあります。基礎となる部分を掘り起こして地面を水平にしたあと、鋼板を設置します。その上に支柱やジャッキを設置し、現場で使用している重機を重石替わりに載せます。負荷を掛けて鋼板が地中に沈み込む程度やその時間を測定し、地盤の固さを模索していきます。平板載荷試験では建物の重量に見合う重さを載せなければならないため、比較的小規模の建築物の測定に向いています。杭や超音波を使用した検査と比べるとコストも軽減できる利点があります。平板載荷試験では基礎地面をいかに水平にするかで精度が変わっていきます。しっかりと準備すれば、効率良く低コストで地盤調査ができ、依頼主にとっても安心の建築物になるといえます。

Copyright© 2018 土地の平板載荷試験を行なおう【しっかりとした構造の建物を建てる】 All Rights Reserved.