土地の平板載荷試験を行なおう【地盤の状態が把握できる】

建物を建てる時の調査

工事現場

地盤の支持力を測るには

家を建てた人は、一度は地盤調査という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは、建物を建てても支障ないかどうか、地盤の強さを測るための大事な作業です。地盤の強さというのは、建物を支える力のことです。地盤調査には様々な方法があります。その中でも最もポピュラーなものの一つが平板載荷試験です。この平板載荷試験の特徴をいくつか紹介しましょう。平板載荷試験というのは、地盤に実際の建物と同じ荷重を直接かけて、どのように地盤が変化するかを測定する調査方法です。そのため、他の方法に比べて直接的なデータが手に入ります。また、重機を持ち込む必要があるため、ある程度のスペースが必要であることも特徴です。他の方法と比べて短時間の作業で済むことも、作業としては大掛かりでないことも大きなメリットと言えます。方法は、まず建物の基礎と同じ深さまで穴を掘ります。そして、穴の底を水平に整地して、直径30センチの戴荷板を置きます。その上にオイルジャッキを置き、穴の上からアルミブリッジをかぶせます。このアルミブリッジは長さ3.6メートルという大きなものです。そして、アルミブリッジの上に重機などを置き、その荷重でどのように戴荷板が地面に沈んでいくかを測定します。この測定時間は決まっていて、荷重をかけて0分、1分、2分、3分、5分後、その後は5分ごとに30分後まで測ります。この沈下量から、地盤の支持力を分析します。このように、直接地盤の支持力を測ることができる平板載荷試験は大変手軽な地盤調査方法であると言えます。

Copyright© 2018 土地の平板載荷試験を行なおう【地盤の状態が把握できる】 All Rights Reserved.