土地の平板載荷試験を行なおう【しっかりとした構造の建物を建てる】

土地の支持力を調べる

工事

利用する目的

土地の強度を調べる試験は様々なものがあります。そのうちの一つが平板載荷試験です。平板載荷試験とは、その土地に実際に板を載せて、重機などで荷重をかけることで土地の支持力、反力などを調べるものです。他の試験と比べて、直接その土地に対してアプローチするので信頼性が高いという点、比較的試験にかかる時間が短く一日で数カ所試験することも可能である点などが大きな魅力です。また平板載荷試験の結果地盤補強工事が必要となることもありえますが、その後の補強具合を調べるときにも使えます。そのため、他の試験に比べるとやや費用は高いのですが、多くの建築現場や道路建設現場で使われている試験といえます。土地の支持力と反力を直接的に調べたいときに最適な試験方法だといえるでしょう。ただ平板載荷試験はデメリットもあります。試験に使う平板の直径を倍にした深さ以上の支持力や反力はわからないということです。たとえば直径30センチの円盤を使った場合は、深さ60センチより下の土壌についてはわからないということです。たいていの場合、それくらいの深さまで調べればある程度信頼性はあるのですが、その下に地下水が通っていたり、非常に軟弱な土壌があったりすると危険性は高まります。そうならないためにも、ほかの試験を併用して調査を行うべきでしょう。紙上調査やボーリング調査なとを併用すると信頼性はより高まります。また調査結果の分析に長けている業者を選ぶのもポイントです。

Copyright© 2018 土地の平板載荷試験を行なおう【しっかりとした構造の建物を建てる】 All Rights Reserved.